大川レディースクリニック 千葉県松戸市馬橋の産婦人科 出産・不妊治療

子宮筋腫について

<子宮筋腫とは>
子宮は、腹膜(薄い奬膜)、子宮筋層(筋肉層)、子宮内膜(粘膜層)の三層構造からなり、この子宮筋層にできる良性の腫瘍が子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)です。
生殖年齢の女性のうち約2割の割合で発生する疾患で、30代〜40代に多いと言われていますが、20代の女性にできることもあります。腫瘍の大きさや数は異なります。

<症状について>
子宮筋腫は症状が現れずに気付かないことも多いです。症状としては、筋腫ができた部位によって異なりますが、月経の異常、貧血、頻尿や便秘の圧迫症状などが現れます。また、不妊症や流産の原因になる場合もあります。

<検査について>
超音波検査(エコー検査)やMRI(磁気共鳴画像装置)で調べられます。また、子宮筋腫が大きい場合は腹部を触っても調べることができます。

<治療について>
子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、無症状の場合や症状が軽い場合は、治療をする必要がなかったり定期検診による経過観察になったりします。
治療が必要な場合は、筋腫の場所や大きさによって、医師と相談の上で治療方法を決定します。治療方法として、対症療法、ホルモン療法、外科手術などがあります。

<入院・費用について>
入院する場合、入院期間は約8日間です。
費用は15万円〜です(自己負担割合と個室使用日数によって異なります)。













〒271-0051 千葉県松戸市馬橋1902 Tel. 047-341-3011(代表)
Copyright (C) 2002-2009 OKAWA.L.C All rights reserved.